ブログトップ

昨日・今日・明日

echigawa.exblog.jp

のりのきまぐれエッセイ第十八回「新しい景色」

a0070082_1351071.jpg
ぼくの家の二階の窓は
裏の家の木に覆われ
窓からみる景色は
緑でいっぱいだった

ぼくらはその景色が大好きだった

でもある日
木は切られてしまい
とても悲しい気持ちになった

裏の家に住む
一人暮らしのおばあちゃんが
介護が必要になり
庭の掃除まで手が行き届かないので
息子さんが切る決断をしたそうだ

それから
息子さんは
おばあちゃんのお世話のため
足しげく通っている
朝も昼も夜も

僕らは時々
緑の景色を思い出しながら
暮らしていた

そして今日
ふと窓から裏の庭をみてみると
切られた木の幹から
たくさんの葉っぱが伸びていた

生き生きとした
とても綺麗な緑色をした葉っぱが
[PR]
by echigawanoriyuki | 2013-05-08 13:33 | 「エッセイ」
<< 個展「花が咲いたら」 のりのきまぐれエッセイ第十七回... >>