ブログトップ

昨日・今日・明日

echigawa.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「はんの木の実」

a0070082_15283175.jpg

京都の古書店「町家古本はんのき」さんが
発行されてるフリーペーパーに絵を描かせて頂きました
先日の東京蚤の市にも参加されてました

京都のいろんなとこに置いてあるようなので
ぜひチェックしてみてください
a0070082_15283811.jpg
a0070082_15353923.jpg

[PR]
by echigawanoriyuki | 2012-05-28 15:35 | 絵の仕事

のりのきまぐれエッセイ第二回「いたや先生とチキンタツタ」

a0070082_023832.jpg

小学校前半は大阪に住んでいて
兄が絵を習いに行ってたから
僕も習いに行ってた

小学校後半は姫路に住んでいて
友達の岩ちゃんが習いに行ってたから
同じとこに習いに行ってた

姫路は「いたや先生」という
おじいちゃん先生に習っていた
「ちんちんまでヒゲのある先生」
といつも自分のことを紹介していた

「もっと下手くそに描け〜」
「なんも気にせずもっと思いっきり描け〜」
「自分の好きな色で塗ったらええねん〜」
いたや先生はよくそう言っていた
いまになって考えると僕はとても影響を受けてる気がする
そしていたや先生でよかったなと思う

教室には子供らしい迫力のある絵が
壁中に貼ってあった

そしてよく絵の教室が終わると
岩ちゃんのお母さんが迎えに来てくれてた

とっても優しく末っ子の岩ちゃんのことを
とっても可愛がってた
僕のこともとっても

よく帰りにみゆき通りという商店街にある
マックに連れて行ってくれた
その頃発売したチキンタツタが僕は好きで
いつもそれを食べてた

僕は中学にあがり
松江に引っ越した

そしてそれから何年かして
岩ちゃんのお母さんが亡くなった

それから僕はチキンタツタが再び発売されるたびに
岩ちゃんのお母さんのことを思い出す

深い優しさとともに
[PR]
by echigawanoriyuki | 2012-05-18 23:51 | 「エッセイ」

のりのきまぐれエッセイ「まんがの中のぼくの友達」

a0070082_2264551.jpg

「まんがの中のぼくの友達」
これは僕が小学生の時
卒業文集に書いた作文のタイトル

ずっと忘れてて
3、4年前に絵を描きはじめたころ
ふと思い出し
なんだかとても嬉しかった

僕は子供のころ
いつも絵を描き 漫画を描いていた
結構『男の子』って感じの漫画も描いてたけど
いまみたいな不思議な漫画も描いていた

「トモキくん」っていう栗のオリジナルキャラクターがいた
お母さんにトモキくんのぬいぐるみを作ってもらったが
イメージと違い気に入らず、母を悲しませた 笑
あと「ケパー」という気持ち悪いキャラも描いてた

夢はいつも漫画家と書いていた

でも中学生になり音楽に夢中になった
それから26歳の頃まで音楽をずっとやっていた

でも学生時代、バンド仲間と一緒に「少年ホープ」という
漫画雑誌を作ったりしていた
だからあまり覚えてはいないが
いま思うと絵はずっと描いていたのだと思う

そして27歳のころ
行き詰まってしまい
ひどく落ち込んでいたとき
ふっと絵を描くことを決めた

幸いにもイラストレーターの友達が周りにいて
助けてもらいながら
彼らがいなかったら今まで続けてはいられなかったと思う
(レイキン、美帆ちゃんどうもありがとう)

最初の2年ぐらいは塞ぎこみ気味で描いてた
確かめるように確かめるように
いまもまだまだ悩みながら描いているけど

「まんがの中のぼくの友達」
僕の漫画の中に登場してくるキャラクターは
みんな友達である
これからもヨロシクね
という内容であったと思う
なんでこんなこと書いたか
もっとほんとの友達との思い出とか書けよ
っていまは思うけど
きっとそんぐらい自分の漫画が大切だったんだと思う

その気持ちはいまも変わらない
自分の作ったキャラクターは
涙が出るくらい好きだ

絵に自信はまったくないけど
好きだってことには自信がある

そんなことを思った31歳
月のきれいな夜でした

a0070082_2225050.jpg

[PR]
by echigawanoriyuki | 2012-05-07 01:38 | 「エッセイ」

「お知らせ」

5/7〜5/15までヨーロッパに行ってますので
連絡がつきにくいかと思います
もしなにかご用の方は7日までにご連絡頂けると嬉しいです

ご迷惑をおかけして申し訳ありません
[PR]
by echigawanoriyuki | 2012-05-02 01:30

「おやこ展」at 京都prinz

a0070082_1322825.jpg

昨年夏に「Nidi gallery」で行った
越川律幸の「おやこ展」の巡回展を
京都の「prinz」で開催いたします
ぜひ遊びにいらしてください

----------------------------------------------------

2012.4.21(sat)〜5.5(sat)

越川律幸の「おやこ展」 
『prinz 1F カフェギャラリー』
(平日:11:30~24:00 土日祝:8:30~24:00)

子供を見つめるネコのお母さん、カエル家族の朝の風景
子供になにかを教えるアシカのおやこ。
茶碗で暮らす米つぶ家族、かわいいコロッケの子供たち、歯の二世帯家族。
うさぎにリスに、小鳥にノミに、いろんなおやこの愛らしい姿を描きます。
もちろん、うんころもちやオキちゃんやおひげちゃんの家族も。

-----------------------------------------------------

オープニングイベント

4/21(sat) 

てふてふのアイシングクッキーW.S
15:00~/17:00~(各回30分) 各6名様(要予約) 料金:¥1,000
「てふてふ」による、アイシングクッキーのワークショップ。
越川律幸のマンガに出てくるキャラクターをみんなでクッキーに描きましょう!
出来上がったら、お持ち帰りボックスに越川律幸が好きなイラストを描きます。

●のりゆきおにいさんとうんころもちと毛玉ちゃん 
19:00~ 入場無料 
越川律幸とうんころもちと毛玉ちゃんによる人形劇&ライブです。

-----------------------------------------------------

4/22(sun) 

Quinka,with a Yawn with 鈴木潤(メリーゴーランド京都)の親子ライブ
open/15:00 start/15:30 〜 close 17:30
料金¥2,000+1Dオーダー(小学生以下は無料/小学生は¥1,000)
親子でも安心して楽しめる日中のイベントです。Quinka,with a Yawnによる
おもちゃ楽器を使った童謡カバー曲や子守唄のような優しい歌で、子供も大人もリラックス出来る音楽と
メリーゴーランド京都の鈴木潤さんによる、楽しい絵本と
越川律幸作の「うんころもち列車」の読み聞かせもあります。

※予約方法 ・「てふてふW.S 」 ・「親子ライブ」
件名を明記の上、お名前/連絡先/人数を(ichi@prinz.jp)までお送り下さい。

-----------------------------------------------------

その他のお楽しみ
◯漫画のキャラクターの等身大パネルが登場。一緒に写真が撮れますよ!
◯てふてふ×Quinka with a Yawnのコラボクッキーも限定発売!
◯Quinka with a Yawn × YEP の ONPUQUINオリジナルグッツの販売
◯京都の本屋さんの絵本市も開催4/21(sat)〜5/5(fri)
(はなめがね本舗、子どもの本専門店メリーゴーランド京都、
Hedgehog Books and Gallely、子子子子子子 子子子子子子屋)
協力:てふてふ/薮内都/二川真夕



prinz

〒606-8242 京都市左京区田中高原町5
Phone: 075 712 3900 / Fax: 075 712 3903
E-Mail: prinz@prinz.jp
a0070082_242628.jpg
a0070082_2421784.jpg
a0070082_2421944.jpg
a0070082_2422252.jpg
a0070082_2422576.jpg
a0070082_2421424.jpg

[PR]
by echigawanoriyuki | 2012-05-02 01:25 | 展覧会

「オートマトート」

a0070082_124212.jpg


Quinka,with a Yawnさんのイベントの絵を描かせて頂きました

○Quinka,with a Yawn Presents「オートマトート」
2012/5/19,20 (土、日曜日) @下北沢lete
open 19:00 start 20:00
19日 w/小田晃生
20日 w/良原リエ

詳しくはこちら

そして当日も会場に少し絵を飾らせて頂きます
僕自身もとてもたのしみにしております

ぜひぜひ遊びにいらしてください
[PR]
by echigawanoriyuki | 2012-05-02 01:25 | 絵の仕事